虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編-

虫歯を予防

虫歯予防

虫歯になってから治療を行うよりも、虫歯を予防する方が断然賢いと考えてよいでしょう。虫歯にならないように、普段から心がけておくことが大切です。そうする事で、自分の歯の健康を守る事につながるでしょう。

虫歯の菌にはミュータンス菌と呼ばれる菌があるのをご存知でしょうか。そのミュータンス菌をコントロールする唯一の方法がキシリトールになります。キシリトールを摂取する事で、虫歯を予防する事が可能なのです。

キシリトールの特徴は、毎日食べている普通の食事に定期的にキシリトールを含んでいる 食品を摂取する事で虫歯を予防する事に繋がります。砂糖を食べると、虫歯になるからといってキシリトールに置き換える必要は全くないのです。1日に2回・3回程度キシリトールのガムを噛むだけで、十分であると考えられます。それ以外にも、キシリトールが入っているジェルを歯に塗布すれば大丈夫です。

ミュータンス菌とキシリトールはどのように関係しているのか、気になると思います。ミュータンス菌は、キシリトールを食事として食べたとしてもエネルギーへと変えることは出来ないのです。エネルギーへと変換できない以上に、キシリトールを分解しようと働いて余計にエネルギーを使ってしまうのです。ミュータンス菌がキシリトールを食べれば食べるほど、弱まっていくと思って良いでしょう。ミュータンス菌はキシリトールを、エネルギーと変えられない為、歯と溶化してします成分の酸を作る事が出来ないのです。

キシリトールガムをいつ食べれば虫歯を予防する事が出来るのでしょうか。それは、食後にすぐキシリトールガムを食べるようにしましょう。ガムを食べて5分ほどで捨てていては、効果はありません。20分間ほど噛み続ける事に効果があるのです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編- All Rights Reserved.