虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編-

虫歯を予防

プラーク

プラークというのは、歯垢であるという事は知っている人は多いのではないでしょうか。歯垢は、食べ物の残りかすであると思っている人も多いと思います。ですが、その考えは間違っていると思ってもよいでしょう。プラークは食べ物の残りかすではなく、細菌の塊なのです。プラークがあると、酸や毒素が発生しやすくなってしまいます。酸や毒素は、虫歯や歯周病の原因なのです。しっかりとしたプラークコントロールを行って、細菌の数を減らしていきましょう。プラークコントロールを行う事で、虫歯や歯周病を予防する事が出来ます。

プラークコントロールというのは、歯磨きであると思っている人が多いのですがそれは違います。歯磨きを、毎日しっかりと行ったからといって虫歯にならなくなるというわけではないのです。毎日、歯磨きを行っているのに虫歯になった人が絶対にいるはずです。歯磨きを行う事で、虫歯が予防出来たという科学的なデータは存在しません。虫歯に有効であると科学的に証明されているのは、今のところフッ素だけなのです。

歯磨きを行わなくても良いというわけではありません。歯磨きを毎日行う事は、歯周病の予防にもつながるので重要だと思った方が良いでしょう。歯周病は、虫歯よりも厄介な歯の病気なのです。歯周病を患っている人は非常に多い。歯周病を患わない為にも、毎日の歯磨きを怠ってはいけません。

プラークコントロールを行うためには、歯科医院に行くことが一番です。歯科医院に行って、歯科医にしっかりと相談しましょう。プラークコントロールは、正しい方法で行わない限り虫歯や歯周病を予防する事は出来ないのです。その為、歯科医院に行くことが一番であると考えられます。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編- All Rights Reserved.