虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編-

虫歯の治療

支台築造

支台築造という言葉の、治療方法を聞いた人は少ないのではないでしょうか。あまり知っている人が多い治療方法ではないでしょう。この治療方法を用いる場合には、虫歯はかなりの所まで進行してしまったと思って良いでしょう。

支台築造という治療方法は、虫歯で歯を削ったり、何かしらの原因で歯が欠損してしまった場合に用いる治療となります。そのままの状態では、クラウンがかぶせられない時に人工の土台を用いて欠損した部分を補うのです。

質の良いクラウンをかぶせれば大丈夫なのではないのか?と思ってしまうかも知れませんが、土台というのは非常に大切なのです。お家で考えてみると分かりやすいかも知れません。お家を作る時には、最初にしっかりとした土台を作っていきます。土台がしっかりとしていなければ、地震などによって簡単にお家は倒壊してしまうでしょう。これは、歯にも言える事なのです。支台築造という治療は、非常に大切であるという事は覚えておいてください。

土台は一度装着すると、取り外すことが非常に困難なのです。無理に外そうとしてしまうと、歯が割れてしまったり抜歯しなければいけないというケースもあります。やり直すことが出来ない治療方法であると思った方が良いでしょう。実際は、やり直している人もいるのですが、やり直す度に歯が削られてしまいます。

支台築造の治療は、かなり費用がかかってくるのではないか?と思ってしまうかもしれませんが費用はさほど掛ってくるということはないので安心して下さい。保険が適用されている場合ですと500円から800円程度で済む治療なのです。保険が適用されないところで治療を考えている人は、1万円から3万円程度費用がかかると思っておいた方が良いでしょう。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編- All Rights Reserved.