虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編-

虫歯の治療

根管治療

虫歯になってしまうと、しっかりと治療を行わなければ後々に大変な治療を行わなければいけません。その1つに挙げられるのが「根管治療」になります。根管治療は、非常に難しい治療方法だという事を覚えておいてください。

根管治療は、細菌に感染してしまった神経を徹底的に除去する治療になります。そうすることで、歯の根っこの病気を予防する事につながるのです。虫歯が歯髄(歯の神経)に達してしまったC3の場合には、根管治療を行うと思って良いでしょう。根管治療が難しい治療であると言われているのは、歯の根っこの部分が見えないからです。見えない部分を治療するのは当り前ですが、難しいのです。見えないだけでなく、歯の根っこの形というのは人それぞれ違うのです。人全てが同じ形であれば問題はないのですが、同じという事は絶対にありません。

根管治療には、ラバーダムというゴムを使用すれば成功率は90%になると言われています。ですが、今現在日本ではラバーダムを取り扱っている歯科医院というのは非常に少ないのです。ラバーダムを使用しない場合には、成功率というのは50%以下になってしまいます。なぜラバーダムを使用しないのだ?と疑問に思ってしまうかもしれません。それには、保険の点数というのが関係しているのです。根管治療の保険点数が低すぎるため、ラバーダムを省略してしまう歯科医院が多いのです。平成20年の保険改正によって、ラバーダムは実質無料になってしまいました。そのおかげで、ラバーダムを使用するし歯科医院がもっと減ると思われます。

成功率が低いため、腕の良い歯科医院を探していかなければいけません。その時のポイントとしましては、ラバーダムを使用している・マイクロスコープ、拡大鏡を使用している歯科医院を選ぶと良いでしょう。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編- All Rights Reserved.