虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編-

虫歯の治療

フッ素の安全性

フッ素は虫歯に対して非常に有効であるという事は、科学的にも証明されています。ですが、フッ素が本当に安全なのか?というのは、絶対に気になる事でしょう。フッ素は、今までで一度も摂取したことがないと思っているという人がいるでしょう。しかし、私たち人間は毎日のようにフッ素を微量ながらも摂取しているのです。フッ素は特別なものではないのです。お茶や清涼飲料水など様々なものにフッ素は入っているのです。

フッ素は摂りすぎてしまうと、中毒性があるという事は知っておいた方が良いでしょう。フッ素を取り過ぎてしまうと、吐き気や腹痛などの中毒症状が現われるでしょう。普通に摂取している分には問題はありません。

フッ素の急性中毒量というのは、体重1kg当たり2mgになります。体重が60kgであれば120mgの量を摂取すると中毒症状を引き起こしてしまうという事になります。この量を摂取するという事は、まず考えられないのです。世界の国・医学専門機関・WHOでもフッ素の有効性・安全性は認められているのです。世界中で有効性・安全性が認められているという点でも少しは安心できるのではないでしょうか。

フッ素を利用する事で、虫歯が減ったり、虫歯の痛みが取れてくる事でしょう。高い医療費なども払うという事をしなくても良くなるのです。安全性が心配だ…と思っていては、フッ素の有効性にいつまでも気づくことは出来ないでしょう。

もしもの場合ですが、フッ素を飲んでしまった場合には牛乳を飲むようにしましょう。牛乳というのは意外かもしれませんが、牛乳に含まれているカルシウムがフッ素と結合する事でフッ化カルシウムという無害な物質に変える事が出来るのです。フッ素による中毒症状を防ぐ事が出来るでしょう。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編- All Rights Reserved.