虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編-

虫歯について

虫歯の基礎知識

虫歯になってしまっても別に怖くないと思っている人が多いのではないでしょうか。虫歯になっても、すぐに歯科医院行くことはせずに放置している人は虫歯の怖さを知らないからでしょう。そのまま放置してしまうと、歯を抜かなければいけなくなってしまうでしょう。虫歯の知識を知っているだけで、少しは変わってくると思います。だからこそ、虫歯についての基礎知識を持っておきましょう。

虫歯になる原因はプラークの塊です。プラークというのは、食べカスで有るというイメージが強いかも知れませんが細菌なのです。この細菌が虫歯の原因となる「酸」を作るのです。

虫歯になってしまうと色々、日常生活に支障をきたしてしまうでしょう。今まで当り前のように美味しい御飯を食べていたのに…食べる事が出来なくなってしまいます。痛みがひどい場合には、夜しっかりと眠る事も出来ません。痛みをずっと我慢すれば、いずれ痛みは治まってきます。そこで、治った!と勘違いしてはいけません。それは、歯の神経が死んでしまったから痛くなくなっただけなのです。時間が経つとまた痛んでくるようになるでしょう。そうすると、虫歯ではなかった歯にも影響を与える事になってしまいます。痛みを感じるようになったらすぐに歯科医院に行くようにしましょう。

進行してしまった虫歯を放置し続けてしまうと、最終的に待っているのは「抜歯」です。その歯を抜かなければいけなくなってしまいます。歯を抜くよりも、絶対に治療をして歯を残しておく方が良いでしょう。虫歯をそのまま放置していると、他の歯にも影響を与えてしまうという事を覚えて置きましょう。1本の虫歯の影響で、すべての歯が悪くなってしまう事もあるのです。虫歯は出来るだけ、早く治療を行う事が一番だという事が分かったと思います。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編- All Rights Reserved.