虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編-

虫歯について

虫歯の症状

虫歯の歯は、C1やC2と言ったように呼ぶという事は知っているかもしれません。それは、虫歯がどの程度進行しているか?という事を分かるための指数で有ると思ってください。

C0の場合には、虫歯はほとんど進行していないと思って良いでしょう。この時には、エナメル質が透明感を無くして少しだけ濁っている状態になっていると思って下さい。虫歯の症状などもなく、穴も空いていないので歯磨きやキシリトールなどを応用する事で、健康な歯を取り戻すことは可能です。

C1の場合には、虫歯が少し進行しています。エナメル質に浅い穴が出来てしまっているでしょう。この時には、症状もなく気づく人はほとんどいないでしょう。この時に出来るだけ気づけるようになったら一番なのです。虫歯の部分を取り除いて、金属や樹脂などを詰めて治療を行います。

C2の場合には、虫歯が進行してきています。症状などを感じるようになるでしょう。甘いものや冷たい物が歯にしみたりするはずです。C2になると、エナメル質を超えて象牙質にまで虫歯が進行してしまったと思って良いでしょう。象牙質は、痛みを感じる場所になるため、麻酔を用いる可能性もあります。

C3の場合には、虫歯が象牙質を破壊してしまい歯髄にまで達してしまった状態になります。歯髄は、歯の神経がある場所なのです。その部分にまで虫歯が進行するという事はかなり進行してしまったと思って良いでしょう。

C4の場合には、虫歯によって歯がほとんどなくなってしまうでしょう。歯の根っこの部分まで虫歯に侵されてしまった時だと思って下さい。ここまで、虫歯を放置すると歯を残すことは非常に難しくなってくるのです。治療期間も長くなってしまいます。1日でも早く治療を行う事が大切という事です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編- All Rights Reserved.