虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編-

虫歯について

虫歯のメカニズム

虫歯がどのような仕組みになっているのかを知っておけば、虫歯を予防する事につながるでしょう。虫歯になる前に、虫歯のメカニズムについて知っておくとよいでしょう。

口の中とは、常に一定の温度で有り、水分もあります。なおかつ食べ物なども簡単に見つける事が可能なため、細菌にとっては格好の住処となっているのです。歯の手入れを怠ってしまう人などは、細菌にとってはありがたい人の何物でもないでしょう。

虫歯というのは、甘い物が大好きで歯の手入れを全くする事のない人になりやすいと言って良いでしょう。虫歯が出来るためには、ある程度の条件が必要となってくるのです。細菌が増殖する条件と言っても良いでしょう。

1つ目は、虫歯菌が沢山いる事が条件となってきます。同じ種類の菌だけでなく、色々な種類の虫歯菌が沢山いる事です。2つ目は、砂糖やでんぷんと言った食べ物を頻繁に食べている。口の中に細菌の食べ物を良く食べているということです。細菌にとって餌となる食べ物が絶えず口の中にあると細菌が増殖するでしょう。3つ目は、歯が弱いことが挙げられます。

この条件を満たしていれば虫歯は簡単にできてしまうでしょう。この条件をそろえなければ、虫歯は出来ないという事にもなります。この条件をすべて満たさないようにすれば虫歯菌がゼロになると思ったら間違いです。お口の中を常に清潔に保つ事が出来るか?と聞かれたら不可能でしょう。酸にとけない強い歯を手に入れる事が出来るかと?と聞かれても不可能だと言うしかないでしょう。全てを完璧に行うという事は不可能でも、それに出来るだけ近づけるように努力をする事で、虫歯が出来にくくなるでしょう。その為には、毎日のケアが大切です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 虫歯@情報館 -原因・症状・予防・治療編- All Rights Reserved.